特定非営利活動法人 GNC Japan

第3回GNC研究報告会

第3回GNC研究報告会

場所:目黒文化会館  1999年9月26日(日)

研究報告会 プログラム≫
14:30 開会の挨拶、及びプログラム説明

14:35 報告1 『ホルチン砂漠の現状と植林環境』 ・・・ボリジギン・セルゲレン氏
……………………………………………………………………………………….(東京大学大学院法学政治学研究科)
15:35 休憩

15:40 報告2『モンゴル国への農業技術移転』・・・・・・台丸谷績氏(青森県車力村総務課)

16:40 休憩

16:45 報告3『GNC第3次モンゴル植林事業報告』・・・大重賢治氏(GNC第3次植林事業責任者)

7:25 自由討論

17:55 閉会の挨拶

 

≪講演抄録≫

「ホルチン砂漠の現状と植林環境」
東京大学大学院法学政治学研究科B.Sergelen 

一:砂漠、砂漠化防止と植林

  1. 今流行りの緑化とその実体
  2. 砂漠のイメージと現地
  3. 砂漠地帯の可能性

二:ホルチン砂漠の現状

1. ホルチン砂漠概要

2. 砂漠ができる要因

3. 砂漠と住民・地域社会

三:ホルチン砂漠の植林環境

1. ナイマン旗バガベリフ・ソムを例に

2. バガベリフ・ソムの自然環境

3. バガベリフ・ソムの砂漠化対策

四:日本の砂漠防止、緑化活動

1. その発展と規模

2. 問題点とその改善方法

「モンゴル国への農業技術移転」
青森県車力村総務 係長  台丸谷 績

1 技術移転の経緯・背景

2 車力村とモンゴル国

3 事業の概要
(1)農業研修生の受入
(2)現地への試験圃の設置
(3)国際協力事業団(JICA)との連携

4 課題・今後の展開等

「GNC第3次モンゴル植林事業報告」
GNC第3次植林事業責任者 大重賢治

この報告の詳細は1999年モンゴル森林再生事業報告に掲載します

 

▲ページの先頭へ