特定非営利活動法人 GNC Japan

ハワリンバヤル2007

2007年4月29,30日、東京都練馬区の都立光ヶ丘公園にて、ハワリンバヤル2007が開催されました。GNCは、2001年から協力団体としてハワリンバヤルに関わってきました。今年も昨年に引き続き、天気にも恵まれ、大盛況のもとに幕を閉じました。

 

展示の準備

 

例年どおり、GNCの活動内容を来場される皆さまにお知らせするために、多数の展示を行いました。会場を吹き抜ける風が強いので、展示物が飛ばされないようにテープや紐でしっかり補強しました。

昨年に引き続き募金活動を行いました。

 

昨年に引き続き、GNCは、募金活動を行いました。このお金は、火災により多くの森林を失った、モンゴル国セレンゲ県トジンナルスの森林再生のために用います。
今回は、昨年のような段ボール箱ではなく透明なプラスチックのきれいな募金箱を用意し、イラスト入りの説明パネルも準備しました。とてもうれしいことに、小さなこどもや、多数のモンゴル人も募金してくれました。その結果、2日間で 35401円も集まりました。昨年からの多くのみなさまの「GNC共存の森づくり」への募金により,今年5月、ついに10ha アカマツ3万本の植林が実現しました。みなさま、ご協力ありがとうございました。

>>トジンナルスの詳細はこちら

ボランティアスタッフのみなさんが大活躍しました

日本人だけでなく、多くのモンゴル人の方々もボランティアスタッフとして、大活躍してくれました。

 
 
 

GNCの展示ブースに、たくさんの方々が訪問してくれました

 
(左)鬼木さん一家(鬼木さんはGNCのメンバー、尚子さんは内モンゴル沙漠化防止植林の会の事務局の方です)
(右)モンゴルの友人、バスカさん

 
(左)GNCを長くサポートしてくれているボジさん。東京工業大学で研究をしています。
(右)日本に留学して間もないテルーミンさんと今回観光で来日されたおかあさん。何とテルーミンさんのおかあさんは、GNCがモンゴル国立大学エコロジー教育センターと共同で作ったエコ植物園の中を散歩するのが大好きだとのこと。その偶然に一同大いに興奮し盛り上がりました。

 
(左)モンゴル国商工会議所・日本会頭のウルジさん。
(右)モンゴルの方々と記念撮影。

ハワリンバヤルにはおいしい食べ物がいっぱい。みんなよく食べました!

 
 
 

モンゴル人力士が勢ぞろい!

片付けも終えて、みんなで打ち上げ。お疲れ様でした!

来年もGNCは、ハワンバヤルに参加する予定です。
そして、ボランティアスタッフとして参加してみたい方は、一度、GNCまでお気軽にご連絡ください。

 

▲ページの先頭へ