特定非営利活動法人 GNC Japan

ハワリンバヤル2017に出展しました

日時:5月3日(水) 11時~17時   5月4日(木)  10時~16時

開催場所:光が丘公園けやき広場(東京都練馬区立光ヶ丘図書館前)

5月3日と5月4日に、1998年の第1回開催から数えて、今年17回目となる

モンゴルの春祭り「ハワリンバヤル2017」が開催されました。

17回目を迎える今年のテーマは「遊牧文化に学ぶ自然との共生、明るい未来へ」です。

テーマの説明は「人類が築いてきた様々な文化の中、美しく厳しい自然環境の下で何千年にも渡って形成されてきた遊牧民の知恵と文化には、環境問題が世界的課題になっている今の私たちが学ぶところが多いのではないかと思います。 遊牧民は、「父なる空、母なる大地」と、自分たちが生きるための恵みを与えてくれる家畜と自然との繋がりを深く意識し、自然に対し繊細な敬意を払い、共生する豊かな知恵を蓄えてきた民族です。 私たちは、祖先がどう生きていたかを知って初めて、その命を受け継ぐ次の世代の未来が明るくなると考えています。 今回のハワリンバヤルが、大草原で自然と共生する人間の姿を思い浮かべ、彼らの知恵の表れである遊牧民文化を、より理解していただくきっかけになれば幸いです。」

今年も当日は晴天で、多くのお客様が来てくださいました。

ハワリンバヤルは、スタッフとの久々の出会いの場でもあり、またいろいろな方との出会いの場でもありました。

今年もモンゴルでの植林が始まります。2017年は20ha、50,000本を植林する予定でいます。

売上金及び寄付金は、モンゴルでの植林活動に使わせていただきます。

皆様のおかげで、活動を続けることが出来ています。

誠にありがとうございます。

 

広報・イベント部

▲ページの先頭へ