特定非営利活動法人 GNC Japan

行動理念-5つのアクション-

本当に役立つ国際協力って何だろう?

本当に役立つ国際協力って何だろう?

GNCは、「共存への貢献」の一端を担うことを目的とし、サスティナブルな地域づくり、国づくりを実現するためのきっかけとなるために、共に動くNGOです。
そして、「共存への貢献」において不可欠な本当に役立つ国際協力とは何か?を、日々考え続けています。

GNCは、本当に役立つ国際協力を目指します。

GNCは、本当に役立つ国際協力を目指すために・・・一緒に学びます。一緒に考え、踏み出します。着火点となります。つなぎます。エールを送ります・・・という5つのアクションを行動理念として、活動し続けています。。


GNCは、着火点となります。

主役はそこにいる人々です。
GNCは、彼ら自身が動き出すためのきっかけとなることを目指しています。モンゴルでは現地スタッフがモンゴルGNCを設立し、ウランバートル市内に新たにオフィスを構えモンゴルの人々自身による事業展開がスタートしています。

GNCは、つなぎます。

良い出会いは新たな創造を生み、世界各地域に活力を与える源泉となります。
GNCは、人と人とがフェイスtoフェイスに出会う場所が大切であると考え、交流の「場」を設けています。エコハイク・テーマサロン・合同セミナー・交流会などを実施すると共に、サスティナブルな地域づくり、国づくりのための研究会を定期的に行っています。

GNCは、 エールを送ります。

世界各地域には、様々な素晴らしい人材や知的資産が存在しています。
GNCは、それらにエールを送ります。そのために、サスティナブルな地域づくり、国づくりの実現に尽力している人材を様々なメディアを通して広く社会に対しプロモーションする必要性があると考えています。

GNCは、一緒に学びます。

GNCは、世界各地に“一緒に学ぶ場”をつくります。
その中から次世代を担うリーダーが育つと信じています。

GNCは、一緒に考え、踏み出します。

GNCは、サスティナブルな地域づくり、国づくりを目指しています。
その実現への具体的な“一歩”を一緒に考え、踏み出します。

現在、GNCはモンゴルでの植林活動と環境教育をその具体的活動の軸として行っています。「なぜ植林活動が「共存への貢献」になるのか?」は「『木を植える男』とGNC」で詳しく説明いたします。

▲ページの先頭へ